ハゲになりたくないので、育毛に励んでいます

私の父も祖父もはげているので、自分もそれ相応の年になったらはげるのではないかと心配をしていました。その心配は残念ながら的中してしまい、抜け毛が増えてハゲの一歩手前と言う状態になってしまったのです。

私は父や祖父の二の舞にだけはなりたくないと思い、育毛に取り組み始めたのです。一般的な方法ですが、育毛剤を使って育毛シャンプーを使い始めました。更に髪に良くないのではと思い、禁煙も果たしました。

これだけ頑張れば大丈夫と思ったのですが、一向に症状が改善する事がなかったのです。そこで私は髪の事を調べてもらおうと、育毛剤メーカーに相談をしました。そしてそこの研究所で私の髪の事を詳しく調べてもらったのです。

調べてもらった結果をもとに、私にぴったり合う育毛剤を勧めてもらったのです。それからその育毛剤を使い続けた所、何と抜け毛が減り髪が少しずつ育ってきてくれたのです。私はやはり、髪の事は髪を研究している人に調べてもらうのが一番だと思いました。

女性にも髪の毛の悩みはあります

育毛というとある程度の男性の抜け毛や薄毛のイメージがあると思います。
しかし、女性にも育毛についての悩みはあるのです。

女性もある程度の年齢になると髪や頭皮の老化によって髪の悩みは出てきます。
特に、髪が痩せる、全体の量が少なくなるといった悩みは多いですよね。
具体的に言うと、髪が痩せて、ハリ・コシやツヤがなくなってしまうという点です。
髪の印象は意外と年齢の印象に影響します。
髪にツヤがないだけで5歳は老けて見えてしまいます。
また、全体の量が少なくなると、分け目が目立って、これもまた老けた印象を与えてしまいます。

そこで、大切なのはポリピュアEXの販売店で育毛剤を買っての頭皮の血行です。
頭皮の血行にはやはりマッサージが有効です。
マッサージと言えば、シャンプーの時にゴシゴシと頭皮を擦る方法を思い浮かべるかもしれませんが、
それは逆に髪にダメージを与えてしまいます。
生まれたばかりの髪の赤ちゃんを擦り落としてしまうので、元気な髪が再生しません。
出来るだけ、擦る洗い方は避けて、指の腹をその場から動かさずに頭皮を動かします。
これでも結構汚れは落ちます。養毛剤のおすすめを使うのも良い手でしょう。
髪の赤ちゃんを守りながら、柔らかくピンク色の頭皮を目指しましょう。

いつの間にか父が薄毛になっていた

若い頃は毛量も多くて扱いにくいと困っていた父の髪の毛。
いつ頃からだったのでしょう。最近になり父の髪の毛がめっきり少なくなり、頭皮が見える状態になっていました。
中学生の頃から父を避けるようになり、父と話をすることもなくなり、もちろん父を見ることも少なくなっていました。
今、改めて髪の毛が薄くなった父を見て驚きました。

確かに数年前から、浴室に育毛シャンプーが並び洗面所にも育毛剤があったのを知っていました。
でもこんなにも父の髪の毛が薄くなっていたとは知りませんでした。
きっと父は私には言わなくても薄くなった髪の毛に悩んでいたことでしょう。

母にそのことを話すと、母は父が薄毛に悩んでいることを知っていて、毎日の食事にも気をつかっていたそうです。
できるだけ髪の毛にいいという食材を使い、食事を作っていたのだそうです。
毛量も多かった父がこれまで薄毛になってしまったのですから、父も相当悩んでいたことでしょう。
今年の誕生日には、ちょっと高いM-1育毛ミストの激安な育毛剤をプレゼントしてみたいと思います。